• ハイクオリティの飼葉

    自然環境への配慮を忘れずに

  • 収穫

    イノベーションとテクノロジー

  • イタリアの極上品

    全世界へ

    1960年創業のイタリア飼料メーカー

    CARLI グループは、代々受け継がれて、そして耕作されてきた土地と自然への創業者たちの献身的な仕事と熱 い思いから生まれました。 家族の絆、想像力、最新技術への探求により、家族経営の小さな会社を成功へと導き、現在、農産業の分野 で活躍する企業として、イタリアおよび世界で飼葉生産を行うリーダー的存在となっています。

    450,000 トン
    年間飼葉生産量
    20,000 トン
    年間有機穀物生産量
    35,000ha
    生産活動に関わる土地面積
    5
    生産工場
    12 MW
    自社工場の屋根に取り付けられているエネルギー発電量
    250
    従業員数
    80
    か国 輸出

    オーガニック飼料と穀物

    高評価を受けている商品

      ニュース&イベント

      業界ニュースと参加予定のイベント

        ニュース

        乾乳期の牛への給餌に特化した飼料 FIBER DCAD

        カリウム カリウムはすべての生物にとって不可欠な主要栄養素です。しかし、畜産の世界において、このカリウムは、乾乳期、特に妊娠後期の牛の飼料用の干し草 (乾乳期の牛用飼料のSSの多くは干し草が原料) に蓄積されると厄介な存在になります。 この期間にカリウムを過剰摂取すると、代謝機能に複雑な変化をもたらし、最初は気づきづらいですが、産褥期の低カルシウム血症発症の発症頻度が高まります。 急性で顕著な症状が現れるだけでなく、多くの場合、授乳期間全体に深刻な影響を及ぼし、牛の生産性と繁殖能力の大きな低下を...

        読んだ
        ニュース

        飼葉と穀物の品質を守るために

        60年という時を超えてもなお、Carli グループでは、農業経験、商品、そして企業経営に改善を追い求め続けます。 Carli グループ生産システムには、蓄積したノウハウと栽培、収穫、加工、そして完成品の品質分析評価における技術が活用されており、農業を営む皆様に、自動給餌システムにも安心してお使いいただける、健康的で持続可能で一定の品質を保ったさまざまな飼葉商品を提供することが可能となっています。 ここでは、私たちの飼葉と穀物の品質を確保するために毎日実践している行動をご紹介いたします。 土壌選び...

        読んだ
        ニュース

        脂肪酸、アルファルファと肉質の共通点

        この記事を書くにあたり、飼料が飼育の生産性を左右するという前提からスタートすることにします。さらに、固体レベルでは家畜の身体的・機能的発達に問題がなく、群れレベルでは完全な遺伝的潜在能力を発揮し、その向上に影響を与えることを前提としています。

        ...

        読んだ
        ニュース

        栄養表示を超えたアルファルファ

        酪農家たちは、飼料が牛乳生産、つまり農場収益に直接影響を及ぼすことを知っています。 栄養効率と生産最適化の向上を目的にする場合、乳牛に与える飼料の栄養価とこれに使われている原材料の化学成分を知ることは、酪農家にとって有利です。さらに、配給システムによって正確な給餌がますます普及している現在、正確なデータを把握しておくことで、乳牛の生産能力を変えることなく飼料にかかるコストを削減することが可能となります。

        ...

        読んだ
        ニュース

        飼葉と穀物の品質を守るために

        Leader nazionale nella produzione di erba medica e dei foraggi disidratati, Gruppo Carli continua a perseguire il miglioramento, nelle pratiche agricole, nei prodotti e nel management aziendale. 
        Innovazione tecnologica, formazione ...

        読んだ
        ニュース

        イタリアンライグラス

        ウィスコンシン大学の研究者である Dave Combs 氏は「ネズミムギとも呼ばれるイタリアンライグラスの繊維質 の消化の良さは、乳牛の食事でアルファルファとコーンサイレージの3分の1を置き換えるのに十分なレベルと言える でしょう」と話しています。

        ...

        読んだ